ものづくりの頭になってみるワークショップ

中高生を対象とした、SONYのMESHを使ったものづくりの考え方を体験するワークショップ。

 

ものづくりに使われる手法を使いながら、それぞれの得意分野を活かしチームでひとつアイデアをプレゼンテーションする体験を行う。実践的なチームワーク力やプレゼンテーション力を身につけることができる。

また、ものづくり業界へ興味を持つ若者を増やしより良いものが発明される将来を目指す。

 

<ものづくりの手法>

[観察]→[気づき]→[アイデア]→[試作(プロトタイピング)]

を繰り返しながら実装、リリースを目指す方法。

チームでものづくりを行う際に有効。

 

<SONY MESHの使用>

LEDやセンサーを端末で簡単に制御できるため、試作(プロトタイピング)が素早く作れる。

プログラミングや電子工作の知識がなくても試作を作りプレゼンすることができるので、工学系ではない学生でもものづくりに参加することができる。

<構成>

❶イントロダクション・テーマ発表

❷観察と気づき

❸情報の共有と整理

❹アイデア出し

❺MESHの体験

❻アイデアの試作

❼プレゼンテーションと意見交換

<事例>

・岐阜各務野高等学校

テーマ「掃除の時間をちょっとよくするには?」

・大垣商業高等学校

テーマ「掃除の時間をちょっとよくするには?」

クレジット

企画 : 「E」

制作 : 「E」

協力:岐阜各務野高等学校、大垣商業高等学校